肝斑に画期的な治療法が!レーザートーニング

肝斑だけでなく、
白く均一な透明感ある美しい肌に

一言で「肝斑」と言っても、その原因によっていくつかに治療法があります。日々紫外線に浴びやすい環境にいる方で“いわゆる肝斑”のような見た目になっている方、またレーザーや光治療をして、前よりも濃くなりつながったようになってきて”肝斑“の見た目になってきた方。また、他の皮膚科や美容皮膚科で、「肝斑、もしくは肝斑かも」と治療する前に言われてレーザーや光治療はできないと言われた方。
これらはそれぞれ原因が違う場合が多いですが、レーザートーニングはその治療特性から、上記のようなどのタイプの”肝斑“にも効果的です。

肝斑肝斑

シミや肝斑の原因である、メラニンは表皮基底層という部位にあるメラノサイト(メラニン産生細胞)で作られています。シミも肝斑も、紫外線や摩擦など皮膚への有害な刺激によってメラノサイトがメラニンを過剰に作ってしまうために生じます。
レーザートーニングは、過剰なメラニンを壊すだけでなく、このメラノサイトの機能を抑制させることによりシミや肝斑を改善させます。

肝斑だけでなく、白く均一な透明感ある美しい肌に

肝斑と言えど、シミのない皮膚の部位と比べてメラニン産生が多い部分であることには間違いはないので、メラノサイトの機能抑制を行うレーザートーニングは、肝斑を改善させることができるのです。
肝斑だけでなく他のシミもどんどん改善させて、照射した肌全体を透明感ある白い肌にすることができる治療です。

肝斑だけでなく、白く均一な透明感ある美しい肌に

当院では、このレーザートーニングと共に、メラノサイトの活性を抑える「内服薬」や「外用薬」、「キャビテーション導入」「エレクトロポレーション」「美白点滴」などを受けていただくことにより、身体の内側と外側から複合的にアプローチして、より確実な肝斑の改善や、美白感を体感していただいております。

こんな方におすすめ

  • 肝斑がある
  • シミ・そばかすを改善したい
  • 色素沈着を改善したい
  • くすみをとりたい
  • 子供の頃の白く美しいお肌を取り戻したい

レーザーの均一な照射を実現

レーザートーニングでもっとも重要なのは、レーザーが照射される形です。通常、シミ治療で使用するレーザーは、照射するとレーザービームの真ん中のエネルギーがいちばん高くなり、端にいくほど弱くなる【ガウシアン型】です。
【ガウシアン型】のレーザー照射では、パワーが弱すぎる端の部分では効果がみられず、強すぎる中心部では炎症を起こして肝斑が悪化する可能性があるため、今までのレーザー機器では肝斑治療に適していませんでした。これに対し、レーザートーニングで使用する「MEdLite C6」は、レーザーがフラットに照射される【トップハット型】で、均一にエネルギーを届けることで、肝斑の悪化を防ぎつつ、効果的で確実な治療が可能になりました。

  従来の【ガウシアン型】 MEdLite C6
【トップハット型】
  従来の【ガウシアン型】 MEdLite C6【トップハット型】
  弱すぎて効果が見られない ちょうどよい 強すぎて炎症を起こし悪化する可能性 ちょうどよい
皮膚を上から見たイメージ図 強すぎて炎症を起こし悪化する可能性 弱すぎて効果が見られない ちょうどよい ちょうどよい

メラノサイトの機能を抑制する

肝斑は、何らかの原因で肌の一部に炎症が生じ、それが長期化するなどによって、メラノサイトがメラニンをどんどんつくり続けた結果である「炎症後色素沈着」という状態です。
シミの原因であるメラニンを直接少しずつ壊すだけではなくて、活性化しているメラノサイトの機能を抑制することで肝斑を改善することができるのが、レーザートーニングです。

メラノサイトの機能を抑制する
より早く確実な効果を実感

より早く確実な効果を実感

これまでの肝斑治療では、ビタミン類の内服やハイドロキノンなど漂白作用のある外用薬を長期的に行うことが主体でした。
しかし、レーザートーニングでは、メラノサイトの機能抑制作用によって肝斑を改善させます。治療は、1~2週間に1度のペースで 5・6回程度繰り返すことが基本です。数週間遅れて、実際の肝斑やシミが薄くなってくるのを実感する方が多いです。肝斑部分以外のお肌にも、全体的な美白感や肌質の改善もみられます。

施術後すぐにお化粧をして帰れます

施術後すぐにお化粧をして帰れます

レーザートーニングは、通常のレーザー照射後のようなカサブタなどはできず、日常生活に支障を来すダウンタイムはほとんどありません。施術後すぐにお化粧をしてお帰りいただけます。

料金詳しく見る

顔全体 1回 20,000円

THE OTHER TREATMENTその他のシミ治療

フォトブライト

フォトブライト

フォトフェイシャルの進化版

フォトブライト

フォトブライトは、IPLという医療用の特殊な波長の光を照射することによるシミ治療です。全体の照射に加えて、気になるところをピンポイントで重ね打ちし、より効果を高めます。

Qスイッチレーザー

Qスイッチレーザー

ピンポイントのシミ取りレーザー

濃いシミ・そばかすの治療には、ピンポイントにターゲットを絞ってレーザー光を照射するQスイッチレーザーをおすすめしています。一時的にかさぶたができますが、翌日からお化粧も可能です。

ご予約・お問い合わせはこちら

TOP