RECOMMENDED今月のおすすめ治療

すべての方へのおすすめ治療

●バリア機能の突破

肌の表面の角質層には、外部からの異物が侵入するのを防ぐためのバリア機能が備わっているため、通常、美容有用成分をただつけるだけでは肌の深部まで浸透していきません。
イオン導入は微弱な電流を流すことによってビタミンCや水溶性の美容有用成分をイオン化し、肌の奥(真皮層)へと届ける施術です。透明感や肌の潤い・キメを求める方、シミ・色素沈着でお悩みの方におすすめです。

●当日の肌状態に合わせて追加オプションOK

ニキビや炎症後の色素沈着・毛穴の開き等、お悩みに合わせて1,000円〜各種薬剤をご準備しております。

●背中の産毛を除去すると毛穴ニキビが出来にくなる!?

背中は皮脂腺が多いことからニキビが出来やすい場所ですが、脱毛をすることで毛穴詰まりを減らすことができ、肌質改善にも役立ちます。
除毛効果により毛穴がキュッと引き締まり、見た目の美しさだけではなく、ザラつきなどの肌触りも改善することができます。

●背中は細かな出力調整や照射技術が必要

背中は柔らかい産毛が生える場所であり、ごく稀に[硬毛化]といって逆に濃くなってしまう場合があります。確率としては1%前後と数ないものではありますが、きちんと理解した上で、レーザーの種類や出力等を調整しながら照射できる技術や経験が必要となります。

●茶色い色素沈着の原因〈メラニン〉

シミのように見える茶色いニキビ跡は、〈メラニン〉が関係しています。
ニキビが炎症を起こすと、活性酸素が発生し、メラニンを過剰に作って炎症後のニキビ跡が茶色い色素沈着となってしまいます。。

●紫~赤黒い色素沈着の原因〈ヘモグロビン〉

紫がかった赤黒いニキビ跡は、〈ヘモグロビン〉が関係しています。
ニキビ治癒後、半年程度は炎症の痕が残っている状態で、それ以上経過しても消えない赤みは、皮膚がダメージを受けたことにより薄くなり、その下にある筋肉や血管が透けて見えている状態になっています。
炎症性 のニキビが悪化すると、真皮の中にある毛細血管が破壊されて出血し、周囲の組織に染み込んでしまいます。

●レーザー治療でメラニンを分解し、
ターンオーバーを促進

ホワイトニングレーザーは非常に弱いパワーでレーザーを当てることで、刺激を起こさずに、蓄積したメラニンを徐々に減らしていくことが可能です。回数を重ねるたびにメラニンが排出され、メラニン量が少なくなり、透明感のある肌へと導きます。お肌の新陳代謝が促進され、ターンオーバーも正常化させます。

●より効果的に治療を進めたい方へ
内服薬や外用薬の併用もおすすめ

黒ずみや色素沈着の元となるメラニン色素を作り出す“工場”の働きを抑えるトラネキサム酸や、ホワイトニングレーザーで分解したメラニン色素の排出を促すL-システインなどの内服薬の併用が有効的です。また、レーザー照射ができない部分や状態によってはトレチノインやハイドロキノンといった外用薬を使用する場合もありますので、ご相談ください。
炎症性 のニキビが悪化すると、真皮の中にある毛細血管が破壊されて出血し、周囲の組織に染み込んでしまいます。

ご予約・お問い合わせはこちら

TOP