ピル処方

女性の
毎日の笑顔のために

多くの女性の方のニーズにお応えできるようにピルの処方を行っています。
ピルを服用することに不安がある、人に言えない悩みがある方は、一人で悩みを抱え込まずにお気軽に当院へご相談ください。
避妊や月経移動、生理不順、生理痛の改善、緊急避妊など様々な目的に合わせて適切なピル処方を行っています。

お待たせせず、すぐにご案内いたします。
お急ぎの方はお電話ください。

TREATMENT施術の種類

  • 低用量ピル

    低用量ピル

    女性ホルモンの
    コントロール

    避妊だけでなく、大人ニキビ・肌荒れの改善、生理痛・PMSの緩和などに効果があります。

  • アフターピル

    アフターピル

    緊急避妊薬

    避妊に失敗した場合にホルモン避妊薬を服用することで、その後の妊娠を防ぐお薬です。

  • 月経移動

    月経移動

    生理日のコントロール

    旅行や結婚式など、生理が来てほしくないイベントの際に、気軽に生理周期をずらすことができます。

ABOUTピルについて

低用量ピルと中容量ピル

一般的に「ピル」と呼ばれる薬は卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類の女性ホルモンを配合した薬剤です。
含まれる卵胞ホルモンの量によって低用量ピル、中用量ピルに分類されます。

「低用量ピル」とは、中用量ピルに比べて卵胞ホルモンの量を少なくしています。
低用量ピルのメリットは薬量を必要最小限に抑えられること、デメリットは飲み忘れがあることです。最近では、卵胞ホルモンの量をさらに少なくした超低用量ピルもあります。

「中用量ピル」は、低用量ピルと比べて卵胞ホルモンの量が多く含まれています。
薬量は増えますが、飲み忘れに強いというメリットがあります。中用量ピルは女性ホルモンに関わる病気の治療に使われることが多くなっています。

卵胞ホルモン 多い 少ない 高用量ピル 中用量ピル 低用量ピル 成分の含有量の違い

アフターピル

「アフターピル」は、避妊に失敗した場合にホルモン避妊薬を服用することで、その後の妊娠を防ぐお薬です。性交から服用までの期間が短いほど避妊率が高まるため、より早く服用することが重要です。

月経移動のピル

「月経移動」は、旅行やイベント、試験などのために生理をずらすことができます。
生理を早めたい場合は、生理後1週間以内に受診してください。
生理を遅らせたい場合は、生理予定の1週間前までに受診してください。

ご予約・お問い合わせはこちら

TOP