多汗症

1度の注射で
約半年間汗を抑える

ワキに汗染みができてしまう、緊張するとさらに汗がでてしまうなど、汗で日常生活に支障をきたしてしまうのが多汗症です。

心理的不安やストレス、ホルモンバランスの崩れなどによって、汗腺を活発にする交感神経が強く働くのが原因です。暑さに関係なく汗がたくさん出ることで、恥ずかしさや不安からさらに汗の量が増えてしまうことがあります。
多汗症はワキだけでなく手のひらにも起こります。

メスを使わない多汗症治療として、当院がおすすめしているのはボトックス注射です。
1度の注射で、汗やニオイの元となる神経の働きを弱めて発汗を抑えます

汗を気にしない生活を手に入れませんか。

TREATMENT施術

  • ボトックス注射

    ボトックス注射

    多汗症治療

    ボトックス注射は、汗が気になっている部位に注射するだけで、発汗を止めます。

HIDROSIS多汗症について

体温調節のために汗をかくのは〈温熱性発汗〉といって人間の生理現象のひとつです。気温が高い時や運動した時に体を冷やすために起こる現象で、主に頭部や背部に現れます。

これに対し、気温や運動とはあまり関係なく、精神的な緊張に伴って起こるのが〈精神性発汗〉です。これは手のひらや足の裏、ワキの下に多く見られます。これが過剰になった状態を「多汗症」といいます。「多汗症」には全身性多汗症と局所性多汗症があります。

ワキの多汗症

体温上昇や交感神経の刺激でワキから多量に発汗し、緊張や不安などで汗が流れ落ちるほど発汗します。ワキの汗はニオイの元を多く含むため、体臭が強くなるなどの深刻な悩みとなります。ワキの下に大量に汗をかくことで、服が黄ばむ、着る洋服の色や素材を制限されてしまうなど、日常生活に不便なことが多くなります。

ワキの多汗症

手のひらの多汗症(手掌多汗症)

緊張やストレスなどにより手の汗腺が刺激され、滴り落ちるほど発汗します。
大勢の人の前で自己紹介をしたり、初対面の人と話をする時、好きな人と手をつなぐなど、緊張すると手のひらにたくさん汗をかいてしまい、汗が気になって握手をしたり手をつなぐことができない、手の汗で書類が湿ってぐしゃぐしゃになってしまう、手を動かすと汗が飛び散るなど、日常生活に様々な支障が生じます。

手のひらの多汗症(手掌多汗症)

MECHANISM発汗と治療のしくみ

発汗のしくみ

汗を出す体の器官を汗腺と言いますが、汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺があります。多汗症の原因となるエクリン腺は、人間のほぼ全身の体表面に分布している汗腺で、ニオイのないさらさらした汗を分泌します。多汗症はエクリン腺からの汗が多い状態です。

汗腺や筋肉は、神経から伝わった信号を受け反応します。
この神経の信号の正体は、神経末端から放出される神経伝達物質です。神経伝達物質はそれが放出される神経の種類によって異なります。神経伝達物質にはアセチルコリン、アドレナリン、ドーパミンなどがあります。
エクリン汗腺に信号を出す交感神経の神経末端の神経伝達物質はアセチルコリンです。このアセチコリンの放出で発汗が起こります。

汗 汗 アセチルコリン アポクリン汗腺 エクリン汗腺 皮脂線 毛根

エクリン汗腺

エクリン汗腺から出る汗は、ニオイのないさらさらした汗です。
気温の上昇や運動した時などに体温調節を行うために出る〈温熱性発汗〉、緊張した時に出る〈精神性発汗〉、辛いものを食べた時に出る〈味覚性発汗〉が、エクリン汗腺からの発汗です。
エクリン汗腺から出る汗の成分は、99%が水、1%が塩分やミネラル、尿素です。

アポクリン汗腺

アポクリン汗腺から出る汗は、粘り気のあるベタベタした汗です。汗自体にニオイはありませんが、脂肪や鉄分、蛍光物質、アンモニアなどを含み、細菌に分解されて特有の臭いとなります。

治療のしくみ

治療のしくみ

ボトックス注射は、汗が気になっている部位に注射するだけで、発汗を止めます。

汗 エクリン汗腺 アセチルコリン 交感神経 注射前 交感神経からの信号により、アセチルコリンが放出されてエクリン汗腺を刺激し、汗が出ます。
arrow
エクリン汗腺 交感神経 注射後 ボトックス注射が交感神経に働き、アセチルコリンの放出を抑制し、発汗を抑えます。

また、ワキの臭いも、ボトックス注射を打つことで、臭いがかなり軽減します。
「ワキの臭い」の改善にはボトックス注射に加えて、ワキのレーザー脱毛を併用することでさらに抑えられます。

FOR PARENTS多汗症のお子様がいらっしゃる保護者の方へ

《お子様の多汗症を見過ごさず、適切な治療をお受けください》

多汗症は大人だけでなく、幼少期に発症するケースも少なくありません。多汗症は本人にとっては深刻な悩みですが、「汗っかきな子供」ということで片付けられてしまい、治療を受けられずに悩みを抱えたまま成長していくもともままあるようです。
こうした悩みが、お子様自身の性格や学校での成績の低下、対人関係に影響したり、いじめの原因になったりする可能性も否定できません。
多汗症は、ワキガやムダ毛などと同じく、非常に強いコンプレックスとなります。お子様の症状を見過ごさず、適切な治療を受けられることをお勧め致します。

MEDICINE薬剤について

メディアージュでは、厚生労働省承認の薬剤であり、FDA(米国食品医薬品局)に認可された薬剤である〈BOTOX VISTA〉または、KFDA(韓国食品医薬品安全庁)で認可され、安全性が確立されている薬剤(REGENOX)を使用しています。
医師の診察により症状や目的に適した製剤を選択して使用しております。

厚生労働省承認
米国アラガン社製『ボトックスビスタ』

  • 厚生労働省承認 米国アラガン社製『ボトックスビスタ』

    「BOTOX VISTA」は日本で唯一厚生労働省が承認したボツリヌス治療製剤です。
    日本の基準での安全性が評価され、厳しく品質管理されています。「BOTOX VISTA」による治療を行うことができるのは、所定の講習を受け認定された医師のみです。

  • 多汗症治療の薬剤はどれでも同じではありません。
    あなたの体に注射するものだから、品質の確認を。

    シワ取り注射の薬剤はどれでも同じではありません。製剤の生成方法や保管・輸送における品質管理状況により、安全性や効果に大きな違いがあるのです。
    近年、中国製・韓国製の安い製品が出回っており、不純物が多く含まれていたり、効果が弱いなどの問題点が指摘されているもの、安全性が十分に確認されていないもあります。

  • 徹底した管理による高い品質

    ビスタは、米国アラガン社自社製造工場より徹底した管理の下で輸入され、日本における他の医薬品と同様、厚生労働省の品質基準に則り、輸送保管され各医療機関へ届けられています。 非常に繊細な製剤の活性保持には保管温度などの徹底した管理が必要不可欠で、その流通について厳しい規制下に置かれています。

  • 厚生労働省承認〈ビスタ〉

    アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスをはじめ世界80カ国以上で表情ジワをはじめとするシワ治療への適応が承認され、広く美容医療・エイジマネジメントに使用されています。日本でも厚生労働省承認の、国が安全性を認めている薬剤です。

  • 有効性・安全性・取扱いを熟知した医師のみ使用

    アラガンジャパン社のビスタは、その使用にあたっては、講習セミナーを受講し、有効性・安全性ならびに薬剤の取り扱いについて十分理解している医師にのみ使用が許されています。

韓国製ボツリヌストキシン 『REGENOX』

韓国製ボツリヌストキシン 『REGENOX』

「リジェノックス」は、ボトックスビスタ(アラガン社)と同じA型ボツリヌストキシン製剤です。KFDA(韓国食品医薬品安全庁)の認可を2006年に得て以来、世界30カ国で使われており、日本国内でも多数の症例があります。
いわゆるジェネリック(後発医薬品)なので、料金も安価です。

よくあるご質問

Q痛みはありますか?ひらくひらくとじるとじる
A痛みは注射の針の刺激感のみです。冷却しながらワキや手のひらの汗をかく範囲の皮下に数十カ所に分けて少量ずつ薬剤を注入します。手のひらはワキに比べ痛みを感じやすい部位です。痛みに弱い方には麻酔テープのご用意がございますので予約時にご相談ください。
Q本当に汗をかかなくなりますか?ひらくひらくとじるとじる
A体温の上昇や緊張・不安などで汗が流れ落ちるほど発汗する方でも、暑い日でも不快感なく快適にお過ごしいただけるようになります。
手術をせずに注射だけで汗やニオイを劇的に改善でき、背中やお尻からの汗が増加する副作用もありません。
Qどのくらいで効き始めますか?ひらくひらくとじるとじる
A施術の翌日~3日目くらいから効果が現れます。
Q効果はどのくらい続きますか?ひらくひらくとじるとじる
A初回の効果は約6ヶ月続きます。多汗症注射には発汗に関係する神経の働きをブロックして汗の分泌を抑制する作用があり、汗だけでなく気になる臭いも軽減することができます。注射だけで傷痕の心配がなくダウンタイムもありませんので大変お手軽です。
繰り返し注射を行うことでアポクリン汗腺とエクリン汗腺が徐々に萎縮し、持続期間が長くなり、効果が倍増していきます。
Q治療の後、ジムに行ったりお風呂に入ったりしても大丈夫ですか?ひらくひらくとじるとじる
A治療後4~5時間は注入部位を強くこすったりしないように注意してください。スポーツや入浴、サウナや飲酒など特に日常生活での禁止事項はありません。
Qボツリヌストキシンは毒ですが、
体に影響はないですか?
ひらくひらくとじるとじる
A多汗症注射の薬剤はFDA(米国食品医薬品局)から認可を受けた医療用医薬品です。ボツリヌストキシンは食中毒の原因菌として知られるボツリヌス菌が産生する神経毒素で、汗やニオイの元となる神経の働きを弱めてエクリン腺からの発汗を抑え、多汗症やワキガを治療します。
多汗症治療に用いる量は人体に影響を及ぼすとされる量の数百分の1以下なので安全です。
Q他院と比べて値段がかなり安いですが、
薬剤の量はどのくらいですか?
ひらくひらくとじるとじる
A多汗症やワキガは日常生活に支障をきたし、ご本人様にとっては非常に深刻な病気であるといえます。当院では多汗症治療を非常に重要ととらえ、悩んでいらっしゃる多くの方が治療を受けられるきっかけになればとの思いから、今回のキャンペーンを行っております。当院では、ワキの多汗症治療に確実に効果が出るといわれる容量(100単位)を使用しておりますので、安心してお受けいただけます。

ご予約・お問い合わせはこちら

TOP